メニュー 閉じる
予防歯科
各先進国と比べると、日本では歯に対する意識が真逆!
日本の高齢者の歯の数は先進国に比べて明らかに少ないことがわかっています。
これは歯科医院の利用方法の違いが原因です。
日本人の8割が「虫歯になってから歯科医へ行く」のに対して、
欧米人は「虫歯になる前に定期健診のためで歯科医へ行く」のです。
こうした予防への意識の差は定期健診を受けている人の割合にも表れています。
歯医者に行く理由は?
メインテナンス受診率
「痛くなったら歯医者に行けばいい」は大間違い
治療の回数は世界トップレベル
OECDの調査では日本人の年間歯科受診回数は
他の先進国と比較しても圧倒的に多いことがわかっています。
先進国の年間歯科受診回数の比較
他の先進国の人々は歯科医院に年に1~2回のメインテナンスに通っているその一方で、
日本人は歯科医院に予防でなく治療に繰り返し通っているということがわかります。
予防・メインテナンスを行えば、虫歯や歯周病になるリスクを確実に抑え、
ご自分の歯を長く維持することができます
日本人の受診傾向と残存歯数
口の中の病気が全身疾患と強く関連しているのはご存知ですか?
虫歯や歯周病がひどくなると原因菌は口の中だけに留まらず、血流にのって全身を巡るようになると、糖尿病や動脈硬化症、心臓疾患、脳梗塞、早産などを引き起こす可能性を高めてしまうことがわかっています。
虫歯や歯周病をささいな問題だと考えるのは危険と言えます。
定期健診は虫歯や歯周病だけでなく、
全身疾患の予防改善にも繋がります!
特に「糖尿病」は歯周病と関連が強いとされており、実際に糖尿病を持つ歯周病患者に歯周治療を行ったところ、血糖値が改善されたという報告もあります。つまり、定期健診で虫歯や歯周病の予防と治療を心がけることで、全身疾患の予防と改善ができます。
定期的なメンテナンスの「5つのメリット」
健診のすすめ「定期メンテナンス」
歯が抜けてしまうのは老化現象ではありません。歯を失うのは、虫歯や歯周病などの病気が原因です。つまり、病気を予防すれば歯を失うことはありません。いつまでも健康な歯でおいしく食事ができるように、当院では3~6ヶ月に一度の定期健診をおすすめしています。お口の中の状態を良好に保ち、全身の健康を維持していきましょう。
3 ~ 6ヶ月に一度の定期健診にお越しください
虫歯を防ぐ3つのポイント
虫歯にならないように積極的なケアを行うことこそ「予防歯科」の考え方です。
一生ものの歯を守るためにも、日々のホームケアと専門家の定期的なチェック&メンテナンスをしましょう。
POINT①
プラーク(歯垢)をためない
ホームケアの基本は歯磨き(ブラッシング)です。その狙いは歯垢を落とすことにあります。
口の中は細菌にとって適度な温度と湿度が保たれている状態です。そこに、食事で定期的に栄養分が供給されると虫歯の原因菌が繁殖しやすくなります。0.001gの歯垢には1億個以上の細菌が潜み、食後30分ほどで原因菌が活発に活動して酸度が上がるので、毎食後30分以内の歯磨きが虫歯予防に有効です。
POINT②
甘いものに気をつける
原因菌は糖質を栄養源にして酸を生成して歯を溶かしてしまいます。そのため、虫歯を予防するためには、糖質を口にする回数を減らしたり、糖質の「口中滞在時間」を減らすことが効果的です。糖質がなければ、原因菌が酸を作るチャンスが減り、歯を酸から守ることができます。
POINT③
定期検診を受ける
1日何千回も咬み続ける歯には負担がかかりやすく、詰め物やかぶせ物などの補綴物にもストレスが加わり、欠けたり、割れたりしやすくなっています。健康診断を毎年受けるような人でも、歯の定期検診を受けていない人は多くいらっしゃいます。半年に1度は歯科検診を受けて、歯垢を除くだけでも歯の寿命は長くなります。
歯に良い食べもの、悪い食べもの
食べものは身体の健康だけでなく、歯の健康にも影響します。
食品には、虫歯を作りやすいものと歯を丈夫にしてくれるものがあります。
日頃から食べるものにちょっと気をつけるだけで、虫歯は予防できるのです。
虫歯を作りやすい食品
虫歯の原因菌の好物は糖質です。そのため、お菓子など甘いものは控えめにしましょう。また、酸度の高い乳酸菌飲料、炭酸飲料などの清涼飲料水は、口の中を酸性に傾けて歯のカルシウムやリンが溶け出しやすい環境を作ります。虫歯が進行しやすくなるので注意しましょう。
×
例) 乳酸菌飲料、 清涼飲料水、 ココア、 アメ、 ケーキ、 キャラメル、
ビスケット、 クリームパフェ、アイスクリーム、 チョコレート、 砂糖
歯を丈夫にする食品
歯を丈夫にする食品には、歯を作るカルシウムなどのミネラルを多く含む野菜や木の実、良質のタンパク質とカルシウムを含む牛乳やチーズ、卵、肉類、魚貝類などがあります。また、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは歯ぐきを強くし、スルメやリンゴのように咬み応えのある食品は唾液の分泌を促して、唾液が溶けた出したミネラルを歯に戻す再石灰化を促進します。
例) トマト、 ホウレンソウ、 ピーマン、 白菜、 リンゴ、 イチゴ、 卵、 肉類、
海藻類、 魚貝類、 スルメ、 牛乳、 チーズ、 木の実
大人の虫歯予防
大人の虫歯は痛みなどの自覚症状がないうちに進行することもあります。
大人になって永久歯を失うと、お口の中だけではなく、全身にトラブルを引き起こす可能性があるので、
虫歯予防の意識を大切にしましょう。
治療した歯が虫歯になることがあります
大人に多いのが、詰め物やかぶせ物で治療した歯が虫歯になることです。これを「二次う蝕」と呼びます。つめたり、かぶせたりしたところにはすき間ができやすく、そこに歯垢がたまって虫歯が起こしてしまうのです。治療した歯のまわりが黒ずんできたり、詰め物やかぶせ物がグラグラしてきたら「二次う蝕」のリスクが高くなるので、早めに歯科医院を受診してチェックしてもらいましょう。
歯の根っこが虫歯になることもあります
加齢などで歯ぐきが下がると、歯の根っこの歯根部が露出します。歯の表面はエナメル質という硬い成分で守られていますが、歯根部は軟らかくて弱い象牙質という成分がむき出しになっているため、虫歯になりやすく進行も早いという弱点があります。これを「根面う蝕」と言います。鏡を見て「歯が長くなってきたな」と思ったら、歯ぐきがやせて下がっている証拠です。「根面う蝕」にならないように毎食後のブラッシングを心がけましょう。
歯がなくなると全身に悪影響が及びます
永久歯は28本+親知らず4本=32本。これをどれだけ保てるかは全身の健康状態に深く関わります。たとえば、歯がいくつも抜けて咬む力(咬合力)が極端に下がると握力が小学生以下になったり、背骨が曲がって姿勢が崩れたりします。また、よく咬んで食べれなくなると胃腸の負担も増えます。
咀嚼は美容面にも関わります。歯を失って食べものをよく咬んで食べられないと顔の筋肉が衰えてしまい、シワが増えて顔が老けてきます。咀嚼が足りないと早食いになり、満腹になる前に食べすぎて太りやすくなります。咀嚼が満足に行えなくなると、脳への刺激が低下して認知症のリスクが高くなります。
特に、全身の機能を調整しているホルモンのバランスを整えている脳への刺激が減ると、ホルモンバランスが乱れて全身の不調にもつながりかねません。80歳まで自分の歯を20本保つ「8020」を目指しましょう。
PMTC
プロフェッショナルケア」と「ホームケア
歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」と、
皆様がご自宅で行う「ホームケア」を合わせて予防歯科と言います。
どちらか一つを行っていればいい、というわけではありません。
歯科医院とご自宅でのケアの両方を行うことで、大切な歯を守り続けることができるのです。
歯科医院で行う
プロフェッショナルケア
PMTC
PMTCとは、professional(専門家=歯科医院で言う歯科衛生士による)Mechanical(専用の器械を使用して)Tooth(歯を)cleaning(磨き上げる)の略称です。歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)や食べ物やタバコでついた着色汚れなどは、毎日のブラッシングでは取りきれません。専門の器具と専用のペーストを用いて、日常の歯磨きでは取りきれないバイオフィルムを除去します。
バイオフィルムって?
バイオフィルムとは口の中ではプラークのことを指し、歯の表面に細菌が層をなして堆積し、ぬるぬるになったもので虫歯と歯周病の原因になっています。例えば、お風呂の排水口を思い浮かべてみて下さい。お風呂の排水口はヌメヌメしたりしていませんか?バイオフィルムとは、その排水口のヌメヌメしたようなものです。それがお口の中にあると思うとゾッとしますよね。バイオフィルムは、歯周ポケットの中だけではなく、歯の表面にもべったりくっついています。たくさんの種類の細菌が集まったバイオフィルムはうがいやデンタルリンス、抗菌剤を使用しても簡単に取り除くことはできません。このバイオフィルムは機械的に除去するしかありません。ブラッシングも機械的な除去の一つですが、古くなったバイオフィルムはブラッシングだけでは落としきれません。確かにバイオフィルムの40パーセント程度は「歯磨き」で落とせますが、残りの60パーセントは残ってしまいます。このバイオフィルムを効果的に除去する方法がPMTCです。
PMTCの特徴
PMTCの特徴は、快適さと爽快感です。歯石やバイオフィルムを落とすことで歯の表面がスッキリし、
虫歯や歯周病の予防ができます。また、PMTCは約30分程度です。
PMTCの主な流れ
プラークがどこに残っているのかを染色液で確認します(行わない場合もあります)。

歯の表面に専用のクリーニングペーストを塗ります。

プラスチックのチップを使って歯と歯の間の汚れを落とします。

歯肉を傷つけないように、柔らかいラバーカップで歯と歯肉の境目に付着した汚れを落とします。

洗浄液でお口の中をきれいに洗います。

歯の質を強くし輝きを増すために、きれいになった歯面にフッ素を塗布して終了です。
PMTCに関してよくあるご質問
Q
PMTCって痛みはないの?
A
柔らかいゴムでできたカップを歯にあて、回転させることで汚れを取り除くので痛みを伴うことはありません。
Q
虫歯予防にも効果があるの?
A
はい、効果があります。新しい虫歯の発生を抑えるだけでなく、歯周病の予防 にも効果があります。
Q
PMTCを受け続けるのとしないのでは、どれだけの差があるの?
A
PMTCを受けた人とそうでない人とでは、6年間で歯肉の位置に1.4mmも差が出ます。
歯磨き指導
ご自宅でのホームケアを正しく効果的に行えるように、患者様一人ひとりの口腔内状態に合わせた正しい歯みがき方法や歯ブラシの選び方を指導します。
スケーリング(歯石取り)
歯周病の原因となる歯石は、ホームケアだけでは取り除くことができません。専門の器具を使用して、歯石を徹底的に除去します。
その他、フッ素塗布やシーラント填塞など
自宅で行う
ホームケア
適切な歯ブラシで効果的な歯磨きを
虫歯と歯周病を予防するホームケアの基本は、毎日の歯磨き(ブラッシング)です。自分に合った適切な歯ブラシを選び、毎食後にブラッシングする習慣作りを心がけてください。特に歯垢のたまりやすい歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目、噛み合う面などは念入りに磨きましょう。
自分に合った歯ブラシ選び
歯ブラシのヘッドの大きさや毛先の硬さはさまざまですから、歯並びや顎の大きさ、磨き方などに応じて選ぶようにしましょう。歯ブラシのサイズ(幅)は、ご自分の前歯2本分に合わせて選ぶのが基本です。歯の大きさはかなり個人差があって、大き過ぎる歯ブラシを使うと、小回りが利かず磨き残しが出てしまいます。毛の硬さは、やわらかめのナイロン毛が最適です。
歯茎に当たっても痛くないため、歯と歯茎の境目を磨くのに最適で、虫歯だけでなく歯肉炎や歯周病の予防に効果的です。また、使っているうちに徐々に毛先が開いたり、毛の弾力がなくなってくると歯垢を落としにくくなり、ブラッシングの効果が落ちてしまいます。1か月に1回は交換するようにしましょう。
歯ブラシの持ち方を工夫しましょう
歯ブラシの持ち方には大きく次の3つがあります。ペンのように持つペングリップが最も一般的ですが、磨き方や場所によって、手のひらで持つパームグリップ、フォークを使うように持つフォークグリップを使い分けてください。
パームグリップ
手のひらでグリップを握る持ち方。
誰でも安定して持てる
スタンダードな持ち方ですが、
力が入りすぎることがあるので注意が必要です。
ペングリップ
ペンや鉛筆を持つようにグリップを握る持ち方。
軽く小刻みにブラッシングできます。
力が入りすぎる人は、
この持ち方を試してください。
フォークグリップ
フォークを持つようにグリップを握る持ち方。
歯並びの悪いところや歯と歯の間は、
グリップに人差し指を伸ばして
縦に持って磨きましょう。
正しいブラッシング法のご案内
歯磨きのやり方は大きく3つあります。いずれも歯垢を落として虫歯と歯周病を予防するのが狙いです。
現在は歯に対して約200gの圧力が最適とされているので、歯ブラシを小刻みに動かして軽い力で磨くようにします。磨く順番を決めて、磨き残しがないようにしましょう。
スクラッビング法
毛先を使う横磨き。
プラーク除去効果が最も高い方法です。
歯ブラシの毛先を歯に直角に当て、小刻みに往復運動させます。大きく動かしすぎると圧力が強くなりすぎて、歯が削れてしまう恐れがあるので注意しましょう。
フォーンズ法
毛先を使う方法。歯の表面の清掃に適しています。
上下の歯を軽く噛み合わせた状態で、
歯ブラシの毛先を歯に直角に当てます。
歯と歯ぐきの表面を大きな円を描くように、
上下の歯を一緒に奥から前へ
歯ブラシを移動させながら磨きます。
歯の裏や噛み合う面は
歯ブラシの毛先を当てて前後に動かします。
バス法
毛先を使う方法。歯と歯ぐきの間の汚れがよく取れます。
歯ブラシの毛先を45度ほどの角度で歯ぐきに当てます。
毛先を歯に押し当てたまま、
歯ぐきの縁へ歯ブラシの毛先を入れます。
その位置で歯ブラシを2mm幅くらいで
小刻みに振動させます。
歯間ブラシ、デンタルフロス、
歯垢(プラーク)染色液の上手に使う
虫歯と歯周病を予防するホームケアをもっと大切にしたい方には、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使うことをおすすめします。歯ブラシでは磨くことのできないところまで、自分でケアできます。
歯間ブラシの使い方
歯と歯の間のサイズに合った歯間ブラシを選びます。

歯と歯の間にブラシ部の先端から挿入し、前後にゆっくりと動かして歯垢をかき出します。
ブラシが入らないところはデンタルフロスを使いましょう。
使用上のご注意

1. 歯間ブラシは歯科衛生士の指導のもとにご使用ください。


2. 歯間ブラシは適切なサイズのものをご使用ください。
  歯間に合わないブラシを無理に入れると、歯や歯ぐきを傷める原因になります。


3. 植毛部分を手で回したり、歯間に挿入した後、ブラシを回転させたりしないでください。
  毛が抜けたり、ワイヤーの耐久性が低下してしまいます。


4. ワイヤ一部分を曲げたり、戻したりすると、ワイヤーが折れることがあります。

デンタルフロスの使い方
両手の中指に巻いてちょうど良い長さで切ります。
上の歯の場合、親指と人差し指でフロスをつまみます。
フロスを歯と歯の間に入れて、根元から歯垢をかき出すイメージで上下に動かします。
下の歯の場合、両手の人差し指をフロスに添えて同様に使います。
使用上のご注意

1. デンタルフロスは歯科衛生士の指導のもとにご使用ください。


2. デンタルフロスを歯ぐきに強く当てすぎると出血や炎症を起こす原因になります。優しく動かしてください。

歯垢染色液の使い方

 綿棒や綿球に歯垢染色液を含ませ、歯面全体に塗ります。

 口をすすぎます。歯垢の付着部分が赤紫色に染まります。汚れている場所ほど、濃く染まります。

 鏡でよく確認して、赤紫色に染まった部分を丁寧に磨いて歯垢を完全に落としましょう。

使用上のご注意
歯垢染色液を塗布中に唾液で薄まると、歯面全体が染色されないことがあるのでご注意ください。

虫歯治療 - 歯が痛い・しみる
歯周病治療 - 歯茎から血が出る、歯がグラグラする、口臭がする
補綴治療 - 歯が欠けた、詰め物・かぶせ物がとれた、咬み合わせが気になる
義歯 - 歯が抜けた、入れ歯が合わない
小児歯科 - 子どもの歯を守りたい
虫歯治療 - 歯が痛い・しみる
歯周病治療 - 歯茎から血が出る、歯がグラグラする、口臭がする
補綴治療 - 歯が欠けた、詰め物・かぶせ物がとれた、咬み合わせが気になる
義歯 - 歯が抜けた、入れ歯が合わない
小児歯科 - 子どもの歯を守りたい
予防歯科 - 虫歯や歯周病になりたくない
口腔外科 - 親知らずが痛い、顎が痛い
インプラント治療 - 失った歯を補いたい、自分の歯のように咬みたい
矯正歯科 - 歯並びを治したい
審美歯科・ホワイトニング - 銀歯が気になる、歯を白くしたい
予防歯科 - 虫歯や歯周病になりたくない
口腔外科 - 親知らずが痛い、顎が痛い
インプラント治療 - 失った歯を補いたい、自分の歯のように咬みたい
矯正歯科 - 歯並びを治したい
審美歯科・ホワイトニング - 銀歯が気になる、歯を白くしたい